おっぱいサバイバー

2015年28歳で乳がん告知。闘病の記録と感情をつづるブログ。

乳がん告知受けてから1000日経過していた

ふと気づいたら、乳がん告知受けてから1000日経過していた。日数は、このブログのサイドバーのはてなカウンティングで記録している。そして、もうすぐ復職して2年が経つ。

いつからかは分からないけれど、告知される前からずっと、がんは体の中にあったのだろう。それなのになぜか、告知日を記念日のように思う。そんなポジティブなこと、告知直後はまったく考えられなかったけれど。あの日を境に人生は変わり、いまだに治療は続いている。それでも、ほとんど昔のように暮らしている。

正直にいえば、時が経つに連れて、病気について公開することをためらうようになってきた。「若い乳がん患者」というレッテルは、わたしの個性のひとつではあるけれど、肩書きではない。それは病院の中だけでもう十分、と思うようになってきた。

それでも時どきこうやってブログを書くのは、同じような境遇のひとに、少しでも勇気を与えられると良いと思うからである。わたし自身が治療中つらかったとき、病気を乗り越えた人たちの記録に勇気をもらっていたから。

最終的には10000日は生きたい。ところでその頃、はてなカウンティングはちゃんと表示されるだろうか。