おっぱいサバイバー

2015年28歳で乳がん告知。闘病の記録と感情をつづるブログ。

告知から3年で、すっかり元の生き方に戻った話

今年の健康診断も無事にパスできた。全体的に去年とほぼ変わらなかった。よかった。

1年で最も嫌なイベントが、通院先の病院での定期検査(マンモグラフィやPET CT)。2番目が会社の健康診断である。いや、わかる、やった方が良いことは百も承知である。2015年の健康診断でがんが見つかったから、いまを生きている。だから早期発見が大事なのは“死ぬほど”わかる。でも、やっぱりもう、あのときの気持ちは味わいたくない。

ここしばらくブログを書いていなかったが、目下の悩みは、身体のことから日常生活に変わった。治療が落ち着き(薬は飲んでいるし、定期的に通院はしているが)、もうすっかり健常者の気分で、がん治療中であることをほとんど忘れている。そういえば、健康診断の際に、再三「乳がんです」と伝える必要があったのは苦痛だったが。思い出すと腹が立つ.... 一度は伝える必要があるのは仕方ないと思うので、せめてカルテに明記してほしい。何かの流れで「乳腺の腫瘤は良性だったんですか?」と聞かれた際には唖然とした。「いえ、乳がんなんで悪性ですね」とマジレスしたけれど。乳がんってワード、少なくともわたしは何度も言いたくない。自分の意思でブログに書く分にはよいが、病院で何度もいうなんて馬鹿げている。

とはいえ最近は、芸能人の同じような病気の人を見かけても、心のざわつきが少なくなった。以前は、ワイドショーやネットニュースでがんについて触れられる度、自分と他人の切り分けができず、つらくてしょうがなかった。近い病気の人や、やり取りをしたことのある人の訃報を聞く回数も増えたが、乗り越えられると思えるようになった。

生きているだけで素晴らしいと本気で思っていた治療中に比べ、生きているとつらいことが多いと思うようになってきた。仕事でうまくいかないこと、家事をずっと続けること、何かを頑張っても誰も褒めてくれないこと、ちっぽけだと思っていたはずなのに、そういうことばかり気にしている。使いやすければ良いと思っていたバッグは、GUCCIの新作がほしいと思うまで贅沢になった(買えないが)。

乳がんを告知されてから3年が経って、煩悩まみれで、人間らしくなった。まあそれはそれで良い。