おっぱいサバイバー

2015年28歳で乳がん告知。闘病の記録と感情をつづるブログ。

乳がん告知受けてから1000日経過していた

ふと気づいたら、乳がん告知受けてから1000日経過していた。日数は、このブログのサイドバーのはてなカウンティングで記録している。そして、もうすぐ復職して2年が経つ。

いつからかは分からないけれど、告知される前からずっと、がんは体の中にあったのだろう。それなのになぜか、告知日を記念日のように思う。そんなポジティブなこと、告知直後はまったく考えられなかったけれど。あの日を境に人生は変わり、いまだに治療は続いている。それでも、ほとんど昔のように暮らしている。

正直にいえば、時が経つに連れて、病気について公開することをためらうようになってきた。「若い乳がん患者」というレッテルは、わたしの個性のひとつではあるけれど、肩書きではない。それは病院の中だけでもう十分、と思うようになってきた。

それでも時どきこうやってブログを書くのは、同じような境遇のひとに、少しでも勇気を与えられると良いと思うからである。わたし自身が治療中つらかったとき、病気を乗り越えた人たちの記録に勇気をもらっていたから。

最終的には10000日は生きたい。ところでその頃、はてなカウンティングはちゃんと表示されるだろうか。

『女子と乳がん』を読んだ

このフレーズだけで痺れる。帯にも抜粋されているこれは、作者が知り合いにかけられた言葉だそう。『女子と乳がん』は、今のわたしにとって最高の本だった。

乏しい知識で『がんで可哀想』とか妙に同情してくる世間の人たちや、『それでも私たち、前を向いて生きています』とかやたらキラキラしたがる乳がんの女たちに知らしめてくださいよ。別にがん患者は聖女でもないし、社会悪でもなくて、あなたと変わらない普通の人間だって

p. 195

2017年に読んだ本の中でも、これまで読んだ乳がんに関する本の中でも1位。いま、わたしが思っていることほぼすべてを代弁してくれている。作者みたいな乳がん患者になりたい。病気には二度となりたくないけれど。とくに若年性乳がんの患者で社会復帰をしたひとには漏れなく読んでほしいし、男女問わず重病の患者・家族・友人知人にも読んでほしい。もう、ありとあらゆる人に読んでほしい。

とにかく全体的に良い。あまりに良すぎて、重点だけを書いても長くなったけれど、感想をまとめた。でも、わたしの意見はどうでもいいので、とにかく本を読んでほしい。

女子と乳がん

女子と乳がん

続きを読む

近況(術後2年を迎えて)

約1ヶ月ぶりの更新です。

もうすぐ術後2年を迎えます。去年から毎年恒例となったマンモグラフィーとPET CTは、今年も無事にクリアしました。よかった! 検査後から結果を聞くまでの間、不安でストレスが非常に強いのですが、今年は主治医の気遣いで、中1日で診断結果を聞けました。初めて「乳がんです」と言われたときの衝撃が脳裏に焼き付いたまま離れなくて、何かと結果を聞くタイミングは不安でいっぱいになります。同様の理由で、会社の健康診断も恐くて仕方がない。当時から現在に至るまで、「早く見つかってよかった」と思い続けてはいますが、もう2度とがん告知は受けたくないです。

続きを読む