おっぱいサバイバー

2015年28歳で乳がん告知。闘病の記録と感情をつづるブログ。

術後4度目のマンモグラフィと転院の話

前回の記事から4ヶ月。この間の大きなトピックとしては福岡に引っ越しました。それについてのお話はプライベートブログからどうぞ。

記事でも触れていますが、術後4度目の定期検査を無事にパスしました。

わたしの検査は年に一度、PET CTとマンモグラフィを行っています(PETは必須ではありませんが、再発が不安なのでわたしからお願いしています)。とにかくこの検査が嫌すぎる。PETは結果が出るまで最速で中一日かかるので不安になるし、マンモは信じられないほど痛い。手術を受けた(温存した)胸も検査を受けているので、ほとんど脂肪のなくなった乳房を無理くり挟まれて涙が出てくる… とはいえ、もうしばらくは治療があるので、今年もなんとか乗り越えられてホッと一安心しました。

そして、その通院の際に主治医に相談し、転院することにしました。

そもそも、転院するかどうかはしばらく悩んでいました。京都には引き続き出張などでたまに行く予定ですし、通院は3ヶ月に1度の頻度。慣れた施設と主治医のほうが楽なんじゃないかという考えもありました。ただ、出張と通院を同時に行うのはなかなか疲れたし、主治医にはとてもお世話になったけれど、つらい抗がん剤の思い出がある病院を抜け出したいという気持ちが勝ち、主治医に相談したという流れでした。

転院先については、わたしから「九州がんセンターが良いです」と伝えたのと、主治医も「福岡に行くならそこが一番いいね」と言ってくれたのですぐに決まりました。わたしは治験を受けており、あと1年ほどはその追跡調査が必要ですが、がんセンターもその治験の対応病院とのことでした(あとから気づいたことですが)。

そんなわけで、今度からは九州がんセンターに通います。転院手続きの日、問診だけだろうと気軽に行ったところ、血液検査・尿検査・レントゲン・心電図などの検査があり焦りましたが、相変わらずがん以外は健康な身体なようで無事に終わりました。二日酔い気味だったけどよかった。

福岡でも、あと数年の治療をがんばります。


お知らせ

がんや難病などの患者さんにインタビューを行い「告知から5年」以降の情報を集めるWebメディア、AFTER5(アフターファイブ)というプロジェクトを立ち上げました。